不器用さんのレシピ

『佐伯ごまだし』のアレンジレシピやうどんのおすすめ料理も紹介!

佐伯ごまだし

6月11日の『教えてもらう前と後』では、絶品タレNO.1を決めると題して日本全国から選りすぐりのたれを紹介してきます。

その中で、博多華丸さんが紹介するのが『佐伯ごまだし』

私もこれを初めて食べた時、

お母さんたちが作った想いと美味しさに感動

したのを覚えています。

『佐伯ごまだし』とは?

佐伯ごまだし

佐伯といえば、「いりこ」が有名です。

“やっこ”
“やっこ”
佐伯いりこは暖流と寒流が交わるところでとれるので苦味も少なくて頭をわざわざとらなくて美味しく食べることができるんです!

ただ、今回「ごまだし」に使われているのは、白身魚「エソ」とすりつぶしたものとゴマをつかったたれです。

規格が小さくて売れない魚があり、もったいない!という想いから佐伯のお母さんたちが考え出したのがこの『佐伯ごまだし』なんだそうです。

『佐伯ごまだし』の味は?

佐伯ごまだしは3種類に展開されていて、私は、こちらの赤の「佐伯ごまだし鯛」をいただきました。

一口食べると、まず香ばしいゴマの香りがぶわんと口の中に広がります。

“やっこ”
“やっこ”
このたっぷりのゴマのおかげで魚臭さがいっさいせず、風味だけが楽しめます。
“まー”
“まー”
九州のたれは甘めのものが多く、このごまだしのたれも甘めかな?と思ったけど、全然甘くなくてゴマや、魚の素材そのもののおいしさが味わえるのもいいよね。

『佐伯ごまだし』のアレンジレシピは?

私が最初にいただいたのはこの【佐伯ごまだし】を使ったそうめん。

と言ってもめんつゆのかわりにこの佐伯ごまだしを水で自分の好きな濃さにのばし、ネギやみょうがなどの薬味を適当に入れたつけ麺のようなもの。

佐伯ごまだし そうめん

さっぱりした素麺に濃厚なごまだしの相性がとてもよく、とても贅沢。

麺にもいい感じでからんでくれて、めんつゆよりもだいぶ濃厚なのでいつもの素麺よりぐっと満足感も増す感じでした。

他にも、マヨネーズと合わせて野菜ディップにしたり、みりんでのばして野菜ドレッシングにしたりといろんなものにアレンジできるのもよかったですね。

↓ こんな感じで豆乳ご飯にも合います。

“やっこ”
“やっこ”
実はごまだしの本もあるのでこういうのを参考にしてもいいかも

“まー”
“まー”
オリーブオイルでのばしてパンにのせるというアイデアもありました。ご飯や麺だけでなくパンとも相性がいいというのは嬉しい!

『佐伯ごまだし』のうどんアレンジ

佐伯ごまだしはうどんにも相性抜群!

“まー”
“まー”
個人的な感想だけど、『冷やし中華』というよりも『冷やしうどん』に合う気がする。

作り方もいつものうどんにこの【ごまだし】をのせたり、うどんのつゆで【ごまだし】をのばしてつけ麺のように食べたりと自分の好きなスタイルで食べれます。

どんな料理にもアレンジしやすいようにできている【佐伯ごまだし】。

なんか料理がいつもワンパターン…という人から、変わった酒のつまみが欲しいという方までこのごまだしだったら料理の世界がさらに広がります

まだ試してないならぜひ試してみて!