FOOD

赤坂フレンチレストラン『ル・シュバリエ』のランチ料理や雰囲気は?

ルシュバリエ

結婚祝いでいただいた「グルメ券」

なかなか使う機会がなくてようやく夢かなった赤坂フレンチレストラン『ル・シュバリエ』でのランチ。

“まー”
“まー”
前回予約したら満席で断られたんだよね。

今回ちょうど良く赤坂に行くことがあり予約も可能ということで行ってきました。

グルメ券を使ったのでランチ内容は選べませんが、本来であればランチは2,500円、5,000円、7,000円があります。

『ル・シュバリエ』のお店の雰囲気は?

入ってみてまずびっくりしたのがとってもコンパクトなお店で入り口から店内の様子が全部見渡せるということ。

“まー”
“まー”
テーブル席が6席ぐらいのアットホームなお店でした。

さらに、壁一面にはワインがずらり!

“やっこ”
“やっこ”
ワイン講座も定期的にやってらっしゃるようでワイン好きにはたまらないですね!

12時30分ぐらいにお店に到着したのですが、店内にはお酒を飲んで盛り上がっているマダムグループが2組ほど。

さらに私たちの後にも、マダムのグループが1組と私たちを入れて4組がランチの時間にはいました。

“やっこ”
“やっこ”
その4組の接客を男性が1人でスマートにされていたのが印象的でした!

『ル・シュバリエ』のお店のランチは?

さて、さっそく席に着くと

「飲み物のオーダーは?」

ということでメニューを渡されます。

ルシュバリエお酒が飲めないので炭酸水(750円)を注文。

他の席を見渡してみると皆さんグラスワインを堪能されている模様でした。

そしてお待ちかねの料理がきます!

ジャジャジャーン!

ルシュバリエ

まずは「イチジクと生ハムチェリーのソース

しょっぱさが際立っている生ハムと、いちじくの優しい甘さとのバランスが絶妙でさらにそこに、チェリーソースが酸っぱ甘めのアクセントとなっていて食欲を増進させてくれます。

“やっこ”
“やっこ”
ワインにも絶対合いそう!

次に出てきたのが目でも楽しめる一皿

ルシュバリエ

サーモンとフルーツ桃のタルタル仕立て

野菜は糸島のもので見た目が鮮やか!

さらにサーモンの下には桃が隠れていてサーモンと桃の組み合わせが面白かったです。

“まー”
“まー”
ちょっとぬるめだったのでもう少し冷たかったらもっと美味しかったかも…

その後、20分ほど次の料理がくるまで待ちます

家では15分もかからず食べてしまうまーさん。

この待ち時間を利用して2人で久しぶりにあれこれおしゃべりができました。

そして待ちに待った次の料理!

ルシュバリエ

スクランブルエッグと生うにオマールビスク

カプチーノのようなふわっふわの食感の中に生ウニの美味しさが凝縮されていてもっと食べたかった!

ここでこのスープを最後まで食べられるようにタイミング良くパンがきますが、現在糖質制限の身なのでまーさんに渡すことに。

“まー”
“まー”
パンにつけて最後の最後まで堪能しました!

その後のメイン

ルシュバリエ

鴨の胸肉のロースト

お醤油のようなソースがかかっていて少し甘めで美味しかったです。

何より添えられているカブのジューシーさに驚きました!

この時もパンを置かれますが、まーさんはソースにつけて美味しそうにほおばっていました。

その後、デザートとなりますが、私は食べられなかったのでまーさんがレポートします。

ルシュバリエ

マンゴーパッションフルーツのムースココナッツのアイスクリーム仕立て

“まー”
“まー”
南国をぎゅっととじこめた味。

下のソースがパッションフルーツで酸っぱめでしたが、ココナッツとマンゴーの甘めのムースと一緒に食べるとちょうどいい塩梅で美味しかったです。

そして「コーヒー」と一緒に「レモンのクリームが入ったシューとチョコクッキー

ルシュバリエ ルシュバリエ
“まー”
“まー”
レモンソースがとっても酸っぱくてびっくり!

反対にチョコクッキーはしっとりしていてガトーショコラみたいな感じでした。

最後の最後まで楽しめました。

料理の内容も、タイミング的にも他のお客様と同じだったようで、接客していた男性がどのテーブルでも同じ説明をしていたので大変そうだなぁと思いながらみていましたが、個人的にはまーさんとゆっくり話せたし、料理もいろいろと堪能できていい時間を過ごすことができました。

『ル・シュバリエ』の店舗情報

【住所】 福岡市中央区大名2丁目11-18

【TEL】 092-713-9213

【営業時間】

ランチ:11時30分~14時

ディナー:17時30分~23時

【定休日】 毎週月曜日

【URL】 https://www.lechevalier-fukuoka.com/